<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ペントハウス」試写会、感想。 | main | 昔のテキストを覗いていたら発見。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

「デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−」感想。

JUGEMテーマ:映画

一応、一人二役で、ドミニク・クーパーが演じていますが、完全に、別人な演技をしていました。 これを観るだけで、一見の価値有りかと。アカデミー賞主演男優賞物の演技でした。

サ ダム・フセインの息子、ウダイ・フセインを演じるのと、彼の影武者役に選ばれてしまった不幸な人、ラティフ・ヤヒアを演じるのですが、狂気なウダイの目 と、理性的なラティフの目が明らかに違うのが、演技していても大変だろうなぁと、しかし、見事に使い分けている、ドミニク・クーパーの役者根性を見る事が 出来ます。

勿論映画ですから、フィクションも多分に加味されているでしょうけど、それでも、イラク戦争に関しては映画「グリーン・ゾーン」 で語られている通り、強引なアメリカの辻褄合わせが理由でしたが、イラクと言う、サダム・フセインが支配する世界でも北朝鮮などの不幸な国に数えられてい た国を解放したのは、それでも、たとえ、大量破壊兵器が見つからなくても、意義があったと実感させられます。

ま、実際の ラティフはアイルランドで現在は亡命生活を過ごしているとの事、CIAに協力してくれと頼まれているらしいですが断っているので、未だ、市民権、及びパス ポートも所持出来ないらしいですが、取り敢えず、4年間、よくもまぁ、ウダイの下で生き延びたな…と言うのが正直な感想です。

ウダイは、ニュースの通り、アメリカ軍に殺害されていますね。 こんな奴、死んでも報われない人が大勢いるでしょうが。。。反逆者等に対しての拷問のシーンとか、R−18+な出来具合でした。

ウダイ自身も拷問を受けて、渋々、影武者になった経緯があり、その後も、ウダイの気に食わない事が有れば、即拷問コースみたいな、彼にとって、この4年間は、人生に一生消えない傷を植え付けられた、激しいトラウマでしょうね、、、

「狂気」とはこう言う感じなんですよ、ってドミニク・クーパーが演技していました、ので、 何を参考にして演技していたのか分かりませんが、ある意味、狂気の定型とも言える彼の演技は必見です。 うあーひでーみたいなのを超越した感覚というか…

まぁ、 北の金何とか親子にも、こういう似た過去があるでしょうから、とっとと、国が崩壊して、現在の苦しい圧政から国民が反旗を翻して蜂起してほしいですね。  イラクのフセインン政権も、北の金政権も、似たり寄ったりですし、こんな国が世界から無くなる事を祈ってしまう、そんな映画でした。

blue blood * 新作映画感想 * 18:49 * comments(0) * trackbacks(11)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:49 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

映画「デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−」これが事実の物語

「デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−」★★★★ ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ出演 カン・ジェギュ監督、 109分、 2012年1月13日公開 2011,ベルギー,ギャガ
From soramove @ 2012/02/02 7:00 AM

『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 2012年1月5日 一ツ橋ホール

『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 を試写会で鑑賞です。 観る前からワクワクしてました かなり楽しみな映画です。 【ストーリー】  家族思いの青年ラティフ(ドミニク・クーパー)は、ある日サダム・フセイン大統領の息子ウダイ(ドミニク・クーパー
From 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) @ 2012/02/08 9:07 AM

デビルズ・ダブル ある影武者の物語

1987年、イラク。 イラク軍中尉で、戦争後はバグダッド有数の実業家である父の跡を継ぐ予定でいた青年ラティフ・ヤヒアは、前線から呼び戻される。 高校の同級生だったイラク共和国大統領フセインの長男ウダイから、彼の影武者になることを強制されたラティフは顔の一
From 象のロケット @ 2012/02/08 2:58 PM

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-/The Devil's Double

イラクの独裁者サダム・フセイン。あの独裁者をも呆れさせる息子ウダイの影武者をだった男、ラティフ・ヤヒアの自伝を映画化。ラティフとウダイの一人二役を見事に演じ分けるのは『マンマ・ミーア!』のドミニク・クーパー。共演に『引き裂かれた女』のフランス人女優リ
From LOVE Cinemas 調布 @ 2012/02/08 6:16 PM

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-

★ネタバレ注意★  元イラク大統領、サダム・フセインの長男ウダイ・フセインの影武者になった男の物語ですが、監督はニュージーランド人のリー・タマホリ、主人公ウダイとその影武者ラティフを一人二役で演じたのがイギリス人のドミニク・クーパー、ヒロインであ
From キノ2 @ 2012/02/08 7:58 PM

『デビルズ・ダブル』

'12.01.06 『デビルズ・ダブル』(試写会)@東商ホール 2012年最初の試写会はこちら!映画ブロガーのrose_chocolatさん、とらねこさん、ノラネコさん、まっつあんこさんが集う試写会にお誘いいただいた。これは気になってた! もちろん鑑賞後の新年会もお目当て♪
From ・*・ etoile ・*・ @ 2012/02/08 10:02 PM

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-

狂気に満ちたドミニク・クーパー 【Story】 家族思いの青年ラティフ(ドミニク・クーパー)は、ある日サダム・フセイン大統領の息子ウダイ(ドミニク・クーパー)に呼び出され、影武者になるよう命じ...
From Memoirs_of_dai @ 2012/02/08 11:01 PM

「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」 なぜウダイはラティフを殺さなかったのか?

サダム・フセインの息子、ウダイ・サダム・フセインとその影武者とされたラティフとい
From はらやんの映画徒然草 @ 2012/02/08 11:31 PM

デビルス・ダブル〜ある影武者の物語〜

デビルス・ダブル〜ある影武者の物語〜 ★★★★☆(★4つ) 狂気のプリンス フセインの息子の影武者が語る衝撃の真実 今年、楽しみにしていた作品です 話はもっと狂気のプリンスを想像してましたが、ま〜想像の範疇でした。 やっていること
From 食はすべての源なり。 @ 2012/02/11 1:30 PM

映画『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語』を観て

12-5.デビルズ・ダブルズ■原題:The Devil's Double■製作年・国:2011年、ベルギー■上映時間:109分■字幕:林完治■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)□監督:リー・タマホリ□脚本:マイケル・トーマス□原作:ラティフ・ヤヒア
From kintyre's Diary 新館 @ 2012/03/11 9:32 AM

『デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−』

□作品オフィシャルサイト 「デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−」□監督 リー・タマホリ □脚本 マイケル・トーマス□原作 ラティフ・ヤヒア□キャスト ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、フィリップ・クァスト、ラード・ラウィ、    
From 京の昼寝〜♪ @ 2012/03/12 8:20 AM
このページの先頭へ