<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「「聯合艦隊司令長官 山本五十六」 と「ニューイヤーズ・イブ」 in ユナイテッド・シネマとしまえんで鑑賞。 | main | 「ペントハウス」試写会、感想。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

「ベルセルク 黄金時代篇 機’堂Δ陵顱彁郤眠顱感想。

JUGEMテーマ:映画

率直な感想は、一言で書くなら「よく出来たアニメ」でした。

冒頭の攻城戦のシーン、個々の歩兵達の動き等、その緻密さ、そしてダイナミックで躍動感溢れる演出、兎に角、あと迫力ある演出、故に、取り敢えず、掴みはオッケーな出来具合に満足です。

ガッツとグリフィスの関係性も、さらりと簡潔に短い時間内で描いて、好印象でした。

自分は原作は未読ですが、素直なストーリーテリングに、すんなりと感情移入が出来て、奇をてらった、伏線を張りまくりな、正直つまらない、そんな映画では無いと感じました。 80分と尺は短いですが、それ故、濃密な80分の映画に仕上がっているかと。

残り、2部「ドルドレイ攻略」 3部「降臨」も、第1部の、このクオリティを維持できれば、それなりに評価されても良いアニメだと思います。

やはり、戦闘シーンの多いアニメは、その煩雑さ故、手抜きになりがちですけど、このアニメ、ある意味、凄まじく丁寧に、それらを描写していますね。なので、とっても迫力のある仕上がりになっています、これらは一見の価値ありかと思われ。

もう一つ感想を書くなら「やたらと戦闘シーンの多いアニメ」でした、だからと言ってそれらがつまらない訳では無く、「ガッツの無双ぶりかっこえー!」「グリフィスのクールな剣裁きかっけー!」な訳で。 あと、集団戦の迫力とか、かなり見応えがありましたね。

つまる所、このアニメ、中世の戦闘をモチーフにしていると思いますが、そのダイナミクスさに燃える要素多々アリなアニメかも知れません。

原作を全て読破している人にとって、この映画、どう感じるのか?興味深いです。

個人的には総合的な評価は高いです、ハイ。
blue blood * 試写会映画感想 * 21:44 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:44 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ