<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「永遠の0」ネタバレ無し、感想。 | main | 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

「渇き」ネタバレ感想。

JUGEMテーマ:映画
  過去と比較したら、どんだけ、鑑賞ペースが遅いのかと…と言う事で久し振りにシネコンへ、んで「渇き」観てきました。

中島哲也監督なので、あの「告白」的な世界観を期待していたのですが、中盤のパーティのシーンとか、ヤクを打ちながら、狂いながら、編集したんじゃね?って言う、アレは、中島哲也監督しか出来ないでしょうね、な、狂気に満ち満ちた、映像感覚は、彼ならではかなと。

あと、登場人物が、ほぼ全員、狂っています。よく映倫でR-15+で通ったなぁ、と、バイオレンス描写は、うーん、映倫って、エロには厳しく、残虐シーンは緩いのかなと思ったり。

いやん、内臓飛び出ているし、それを踏むし、と、かなりきつい、グロ耐性が無い人が観ると、結構来るかと。その辺で、賛否両論が出てきそうな感じ が、あと、レイプシーン(主に役所広司)とか、しょっちゅう出てきます。男女構わず。 個人的には、男性がレイプされるシーンがきつかった…事後の激生々 しいのが、何とも。女性のレイプシーンも頻繁に登場しましたが(主に役所広司)それは結構マイルドかも?って、女性蔑視発言は警告一点。

登場人物全員悪役、って、何処かで聞いたようなフレーズですが、この映画、心のオアシス的な登場人物一切出てきません。とても、とても、殺伐としています。その、ざらざらした感覚を、OPのあのテイストに持って来たのかと、勘ぐったり。

結局、加奈子は、生きてんの?死んでんの?って突っ込みを入れたくなりますが、その辺は、大昔、ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間ってのがあってね、と、おっとネタバレ。

もぎゅもぎゅしちゃった人が、案外、あの人という、捻りの無さに、(゜д゜)ポカーン いあ、意外性はある程度ありましたけど、うーん、イマイチパンチに欠けるというか。ねー

観終わったあと、すっきり爽やか、腑に落ちた満足感を得つつ、席を立つ、ってのが出来ません(断言 もやもやーって、消化不良を激しく起こしそうな、〆で、この辺も、賛否両論別れるのかもです。

まぁ、ある意味清々しい程、全員悪役なので、登場人物の「この基地外が!」(二回確認)って台詞もすんなり受け入れられました。お前が、基地外じゃん、と。

冒頭の、メンヘラだと共感しちゃいます、演出に、敢えて、引くわぁ、と、拒絶感を感じたりしながら、観続けたりしていると、既視感を感じたりし て、うわああああ! やめてええええ! となるので、事前に既に鑑賞した人から「これって、トラウマに触れるシーンと無いよね?ね?」と聞いて鑑賞に臨む のが吉。

だって、あの「リリイ・シュシュのすべて」で鑑賞中に発狂した人を知っているから、尚更で。アレは、結構オブラートに包んだ、演出でしたが、これは、まんま、レイプしていますよ、な、シーンが出るわ出るわ(主に役所広司)

同監督作品の「パコと魔法の絵本」は、ほのぼの、心温まる、ファンタジックな作風でしたが、もうね、これは、鑑賞者を、殺しに掛かってきますね。 弱いメンタルにサンドペーパーを掛けてしまった感じでした。

でも、極個人的には、普通のエンターティメント作品として、十分に楽しめました。 人を選びますけどね。
blue blood * 新作映画感想 * 16:45 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:45 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

振り切ったエンタテインメントを

6日のことですが、映画「渇き。」を鑑賞しました。 元刑事の藤島は元妻から娘の加奈子が失踪したと知らされ 自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になり娘の足取りを調べはじめる。 加奈子の交友関係をたどるうちにこれまで知らなかった人物像が次々と浮かび上がり
From 笑う社会人の生活 @ 2015/01/14 5:31 PM
このページの先頭へ