<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 昔のテキストを覗いていたら発見。 | main | 「ライジング・サン〜裏切りの代償〜」試写会、感想。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

「虹色ほたる」完成披露舞台挨拶付き試写会、感想。

JUGEMテーマ:映画

この映画、導入部は掴みはイマイチな感じで、正直言って退屈感は否めないです。

けど、話しが中盤、後半に進むに従って、いつの間にか不覚にも目から涙が…

なので、観終わったあと、トータルな出来具合は個人的に、高評価でした。

何故かというと、、、兎に角、話の中身が、後半に行く程、切なくなっていくのです。

モロネタバレになるので、あまり内容を突っ込んで書けないですが、主人公のいとこ(と言う設定?)の女の子との関係が、父親との、それがはっきりした時、そして、別れ際、飛び交う、ほたると掛けて、必ずまた会おうと言った瞬間、消えて、同時に、その子との記憶も消え失せて仕舞って、何事も無かったかのようにその後振る舞う、主人公が、観ていて切なかったのでした。。。

絵柄は、ぶっちゃけ、今風では無く、水墨画をカラーにしたような、そんなタッチで、かなり好き嫌いが分かれる絵柄かと思われます。 なので、この話で、絵柄が、ジブリ風味、だったら、また違った評価だったかも知れません、万人受けするという意味で。 興行収入的にも。

正直あまりヒットしないというか、先入観で、低い興行収入かと思われますが、出来はかなり良いので、お勧めな一本です。 「カッパのクゥと夏休み」みたいな世間的評価かなと。

でも、でも、トータルで観たとき、細部に渡る丁寧な作りには好感が持てますし、意図して、こう言う、絵柄にしたなら、納得ですし、劇中曲も、松任谷正隆氏作曲のノスタルジックな雰囲気に誘う曲、その感覚等、それなりに、評価されるべき作品かと思います。

まぁ、最後の最後で、残念なケチを付けるような、一文が表示されますが、それは敢えてスルーの方向で。

演出、脚本、共々、涙をそそる出来前です。

あと、今日の試写会は、完成披露試写会だったのですけど、MCは女性の映画関係者?が進行役だったのですが、あまりの下手さ加減に辟易しました。。。 はーやーくー終わらせてーと。

blue blood * 試写会映画感想 * 01:09 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 01:09 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ